子宝・不妊の漢方相談

赤ちゃんを授かるお手伝い

現在不妊で悩んでいるご夫婦は、10組に1組とも言われます。

その背景には、晩婚化やストレス社会、環境ホルモン、栄養バランスの崩れなどがあります。
当薬局では、ご本人の自覚症状や問診、体温表から中医学的判断と病院の検査、基礎体温から西洋学的判断を合わせ(中西医結合)漢方やサプリメントを選んでいきます。

お父さん・お母さんが健康であることが"子宝"への第一歩

不妊症に漢方

漢方・中医学において“腎精”とは“先天の精”ともいい親から受け継がれるもので、この先天の精はお父さん・お母さんからもらうため、お二人が健康であることが欠かせません。
また、たくさんの精は子供の成長を促し歯や骨をよく形成し脳の発達もよくなると言われています。

家の基礎がしっかりしていなければ上に建つ家はぐらつきます。
人間も同じでお父さん・お母さんの健康が妊娠への最初の一歩!

西洋医学(不妊治療)をされている方も、もちろんこの精が充分なければいけません。
西洋医学と漢方のいいところを合わせて進めていくといいですね。

必須栄養素

現代人が不足しているものにミネラルがあります。
このミネラルも妊娠するためにはとても大切なものです。

また過剰な活性酸素も大敵です。
活性酸素は精神的・肉体的ストレスやたばこ・食品添加物などにより発生しやすく、亜鉛やセレン・銅などのミネラル・ビタミンEなどの摂取不足により処理されにくくなります。
また活性酸素により良質な卵子が作られにくくなったり受精能力も低くなったり子宮内膜が薄くなったりとマイナス面が多く報告されています。

養生法

漢方を服用するだけではなく、あなたの生活習慣も改めなければいけない事もあります。
服装や食事、たばこやお酒、睡眠時間など。

お客様ご夫婦の生活環境・習慣を踏まえて提案していきます。

夫婦の絆を深めながら子宝に恵まれる日を目指して

不妊は女性側だけの問題ではありません。また男性だけ悪いものでもありません。
お二人の赤ちゃんですから、どちらか一方だけが悪い、と責められるべきではないのです。

夫婦の絆を深めながら子宝に恵まれる日を目指して、二人で前を向きながら毎日楽しく過ごしていきましょう。

周期調整法

子宝

体質別に漢方を使い分けるのはもちろん、月経周期で女性のカラダは変化するため、月経期・低温期・排卵期・高温期の4つにわけ各々の期に合わせて漢方を体質別におだしします。

タイミングの確認

多くの方が、タイミングの取り方があいまいな事が多いのでお話ししていきます。

ちょっと恥ずかしと思うかもしれませんがとても大事なことですし、相談を受けるのも女性なので安心して下さいね。
新鮮な卵子と新鮮な精子が出会えるようにアドバイス致します。

女性スタッフがご相談承ります。

がんばりすぎないで一緒に妊娠しやすいカラダを目指しましょう。

気になるご予算の目安

ご予算は、改善すべき体質や症状によって個人差がありますので様々ですが、約¥20,000~が目安となります。

またご主人の場合には約¥10,000~、となります。

岸本薬局へのアクセス・お問い合わせ